設立の経緯と目的

 市町村振興協会は「市町村振興宝くじ(通称:サマージャンボ宝くじ)」の発売と同時に設立されました。
 宝くじは、地方公共団体が実施する公共事業の財源調達の手段として発行されますが、地方財政法32条及び当せん付証票法により発売に制限があり、都道府県と政令指定都市のみが発売を許可されています。
 しかし、昭和48年のオイルショックを契機に地方自治体の財源不足は今まで以上に深刻となり政令指定都市以外の市町村にも宝くじの発売を認めるように全国市長会及び全国町村会をはじめとする市町村関係団体が強く国へ要望した結果、都道府県が発行体となることで政令指定都市以外の市町村のための宝くじ(サマージャンボ宝くじ)が発行させることになりました。
 このサマージャンボ宝くじの収益金が有効に活用されるように各都道府県に市町村振興協会が置かれることになり神奈川県においても当法人が昭和54年4月1日に設立されました。

* 昭和54年度の設立時は、旧民法第34条の規定に基づく財団法人として設立されましたが、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に基づき平成24年4月1日に公益財団法人に移行しています。

 サマージャンボ宝くじの発行体である神奈川県から当協会にサマージャンボ宝くじに係る収益金が交付され、その交付金を活用して県内の市町村の振興・発展を支援することで地域住民が安心して満ち足りた日常生活が形成されることを目的としています。

* 平成13年度からは、政令指定都市以外の市町村の更なる発展を図るため新たな市町村振興宝くじ(通称:ハロウィンジャンボ宝くじ)が発行されており、地域住民の住みよいまちづくりに活用されています。